詐欺の餌食にならないために

詐欺の餌食にならないために

主に出会い系サイトを通じて行われる援助交際の場では、日々トラブルが蔓延しています。

とりわけ、金銭に関するトラブルが多いですね。

トラブルの被害者になってしまうのはたいていの場合が男性です。

どうしてトラブルに巻き込まれてしまうのか。

いわゆる「カモ」にされやすい男性の特徴を説明しますので、なんとか被害にあわないよう、対策を立ててください。

ひょっとすると、これはまさしく自分のことではないか、と青くなる人がいるかもしれません。

出会い系サイトに関連するトラブルのほぼすべてについて、共通するポイント。

それは、トラブルに巻き込まれてしまうサイト利用者は総じて「警戒心が足りない」というもの。

出会い系サイトを巡るトラブルにはこのようなものがあるということをしっかりと頭に叩き込んだうえで、その被害にあわないように十分な対策をたてられている人は、詐欺などの被害に巻き込まれるリスクが下がります。

また、たとえ詐欺の被害に遭ったとしても、その規模が非常に小さな範囲で済むのです。

だから、まずは警戒心を身につけましょう。

これは努力次第で後から見に付けることができるものです。

例えば、自分が登録しているサイト、あるいはこれから登録しようとしているサイトに女性の会員がいなければ、そのサイトに登録する価値などありません。

基本的に、女性の会員が登録していない出会い系サイトは悪徳サイトとみなされ、詐欺の温床となっています。

サクラや美人局などは、とりわけ有名な詐欺ではないでしょうか。

援助交際を目的としてサイトを利用していますという、自称20の美女に出会えたかと思ったら、その正体がまさかのサクラだったというケースは後を絶ちません。

どこでだまされるのか、自分が選んだサイト事態に問題が合った可能性が非常に高いのですが、その話はひとまずわきにおいて、サクラ全般に当てはまる特徴をお話ししましょう。

まず、男性の利用者に対して非常に好意的な態度を取ってくるということ。

にもかかわらず、肝心なお誘いに関してはいつもはぐらかされることの繰り返し。

写真で見るとすごい美人なのになあ、と男性はへこみます。

けれども、この写真と言うのが非常に大きな落とし穴なのです。

男性にとってはなじみのない感覚かもしれませんが、見ず知らずの他人に顔写真をさらすことを、一般的に女性は嫌います。

だから、よほど長く付き合って信頼を得た男性に対してでなければ、自分の素顔などさらさないのです。

それなのに、知り合って間もないころから平気で顔の写真を送ってくる女性がいたら、それはひとまずサクラであるかもしれないという疑いを持ってください。

その写真が大胆かつ卑猥なものであるなら、なおさら不自然です。

騙されやすい男性が、出会い系サイトの世界ではカモにされてしまうのです。

タイトルとURLをコピーしました