金銭トラブルは時として人生を滅ぼす

金銭トラブルは時として人生を滅ぼす

援助交際を行う際にいちばんもめるところ、要するにいちばんトラブルになりやすいところといえば、やはりお金の話が中心になります。

いくらおとな通しであっても、お金のことを巡っては喧嘩してしまうのです。

おまけにそれが男と女の件かということになれば、必然的に男性の方が不利なのです。

トラブルが大きくなりすぎて警察に通報されてしまう事態になれば、最悪の場合すべてを失いますからね。

笑いごとではすまされません。

サイトを通じて連絡を取り合い、いざ会ってみると相手がものすごく不細工だった、ということで喧嘩になる可能性が全くないとは言いません。

世の中にはいろいろな人がいますからね。

どのようなことがいら立ちの火種になるか、分かったものではないのです。

しかしそうはいっても、お金を巡るトラブルと比較すれば圧倒的に小さな問題です。

世の中はやはりお金を中心に回っています。

お金の価値はそれ自体にあるのではなく、あくまで人々が取り決めた信用を元に成り立っているというのは自明のこと。

それゆえ、援助交際のために取り扱うお金について取り決めを行う際には、なにがどうあっても嘘をつくことなど言語道断、絶対に許されません。

例えば、デート一回につきいくらとか、キスで何万(あるいは何十万)とか、身体の関係を持つことになるとさらに交渉の金額は跳ね上がることが予想されます。

そういった金額については、できる限り早い段階で取り決めておきましょう。

どういった行いがトラブルを招くのかといえば、女性があらかじめ定めた金額以上の見返りを要求したり、あるいは逆に、男性の側があらかじめ定めた金額をきちんと払わないという場合です。

どちらも同じように起こりえます。

ただし、女性の立場がやはり少しだけ強いような気がしてなりません。

というのも、いざとなったら「警察を呼んでやる」という技が使えるからです。

女性から罪を訴えられれば、たいていは男性が勢いに押されて負けます。

女性はいつの時代も守られる立場であり、罪に問われるのは哀れな男だけです。

家族に援助交際の事実がばれれば、そのまま離婚調停にもつれ込む可能性が高いでしょう。

さらに、会社での信頼を失う可能性があります。

そうなるともう、人生は崩壊の一途です。

きちんと取り決めたとおりの金額を払えば、事態が大きくなることもないはずなので、金銭トラブルは極力避けるようにしてください。

タイトルとURLをコピーしました