ここならばれない。援交でオススメの待ち合わせ場所

 

ここならばれない。援交でオススメの待ち合わせ場所

援助交際のため、出会い系サイトで知り合ったパートナーと、いったいどこで待ち合わせよう?

これは非常に簡単なことのように見せかけて、その実、非常に多くの人を悩ませる無理難題です。

まさか、小学生同士の付き合いのように、お互いの家や公園などで待ち合わせるわけにはいかないのです。

ある意味でそういう大胆なやり方がカモフラージュになる可能性も否定できませんが、やはり近所の目がある手前、危険な行動は極力避けるべきです。

時たま、特定の地域の○○という場所が、援助交際の待ち合わせ場所として話題を呼んでいる、というような噂を耳にすることがありますが、あくまで噂の範疇をでない話なので、なんとも言えません。

ただ、そのような噂が立っている場所でわざわざ待ち合わせるよりも、もっと援助交際のために適した待ち合わせ場所があります。

周囲の人たちに発覚するリスクを低く抑えるという意味でも。

そこで注目すべきなのは、ネットカフェです。

最近では備えられているマンガも充実しているから……という意味ではなく、パソコンやシャワー、それに加えて個室を利用できるのが大きな強みです。

ここなら身支度を手軽に整えることができますし、パソコンや携帯を利用して相手との連絡を取り合う際にも、ことがスムーズに運びます。

ネットカフェの店舗はたいていがメジャーなので、店名を相手に伝えるだけで自分の居場所が伝えられたり、何かといいことづくめですよ。

実際に援助交際をしたことがあるという男女に聞いてみたところ、待ち合わせ二はネットカフェを使ったという人が多いのもうなずけます。

相手が所定の場所に来れるまで、ネットをサーフィンしてのんびりと時間をつぶすか、あるいはマンガでも読むか、喉が乾けば飲み物も手に入ります。

援助交際をしている女の子の中には、家出をしてきた子とかも含まれているので、野宿する場合と比較すれば、まさに天と地ほどの差がある環境ですよね。

援助交際の希望者にとって、ネカフェは安上がりな天国です。

いきなりのエッチは苦労が多いから……

いきなりのエッチは苦労が多いから……

 

援助交際を始めようと決心するきっかけは、人それぞれだと思います。

男性の場合であれば、単純に欲求不満を解消したいと言う願望があるはずですよね。

そうして女性の場合は、自分がお金を受け取る立場であるということで、ちょっとストレス解消のついでにお小遣い稼ぎをしてやろう、と考える女性が少なくないでしょう。

援助交際を行う際、値段を設定する権利を持つのは、基本的に女性の側です。

男性の側もある程度の出費を覚悟しているはずなので、少々お高い値段を付けたところで問題はないでしょう。

自分の容姿やスタイルに自信がある女性ならなおさら、挑発的な値段で様子を見るのも一考です。

それで相手が現れるなら、ご自由に。

ただ、男性と女性との間で考えることに違いはあれど、いきなり援助交際のゴールまでたどり着くのはハードルが高すぎる、と考えている人も多いようです。

援助交際を行う際のゴールというのはすなわち、セックスに他なりません。

一般的な女性の感覚からいって、いくら大金を用意されたって、自分が本当に心から好きになれる人が相手でなければ、セックスなどもってのほか、という価値観が当たり前でしょう。

そうすると、いったいどれくらいの値段を付けたうえで援助交際の交渉をすればよいのか、見当もつきません。

本音を言うと前記のとおり、けれどもその主張を通そうとすると、最適な相手が現れず、お小遣い稼ぎの目的が達成できないということで、男女どちらの立場からも納得できる妥協点を見出す必要があります。

特にお互いが若くて、十分な経済力を持たない場合、しょせんはひとときばかりの快楽を得る行為に過ぎない援助交際のために、何十万、何百万、あるいはそれ以上の出費を想定することはばかげています。

長い人生のなか、もっと他に見据えるべき大事な目標があるはずです。

援助交際などと言うものに手を出すなとは言いません。

お互いが同意の上であるなら、いつどこで誰が誰と一緒にどんなことをしようが、それは個人の自由であるからです。

援助交際はやってみたいけど、いきなりむちゃくちゃな出費は無理といういことで、一つ提案できるのが「プチ援助交際」です。

読んで字のごとく、援助交際のミニチュア版ともいうべきお付き合いの形なのですが、間の良い人であればこれがどのようなお付き合いの形なのか、おおよそのところ想像できますよね。

つまるところ、エッチやキスなどといったきわどい行為を一切ぬきにした、ある意味で平穏な援助交際です。

デートで映画館に行くぐらいだったらいいよとか、あるいは、手をつないで歩くぐらいなら別にいいよとか、個人によって「ここまでは許せる」と言うボーダーラインが異なると思います。

そのボーダーラインに従って、男女がお互いに納得できる条件を詰めていけばいいのです。

援助交際をするからといって、必ずしもキスを強要されなければならないとか、ましてやエッチしないといけないということは考えられません。

援助交際としてのお付き合いは、ある意味でセフレとのお付き合いに近いものがあるので、恋人同士が仲睦ましくする場合とは形式が異なるのは当たり前です。

しかしだからといって、お互いの気持ちを木っ端みじんに踏みにじるようなことが許されるわけありません。

じっくりと話し合うということは、男女のお付き合いにおいて非常に重要です。

くどいようですが、お互いが納得できるお付き合いの形を見つけてください。

目安※出会いが無い男性のためのマッチングアプリのTEXT-BOOK

出会いコラム

援助交際は意外と儲かる

仕事をして生活費を稼ぎ出すというのは、並大抵の苦労ではありません。
出会いコラム

援助交際で稼ぐ「魔女」たち

おおいに評価すべきこと――かどうかは微妙ですが、逆援助交際に手を染める女性の中には、お小遣いを稼ぐ目的で男性を手玉に取っている人がいるようです。
出会いコラム

こんなサクラに要注意

出会い系サイトの世界に出没するサクラの話は有名だと思いますが、サイトを利用して知り合った相手と援助交際をやろうと考える場合、悪徳な詐欺に対する警戒心をいっそう強めなければならないでしょう。
出会いコラム

詐欺の餌食にならないために

主に出会い系サイトを通じて行われる援助交際の場では、日々トラブルが蔓延しています。
出会いコラム

金銭トラブルは時として人生を滅ぼす

援助交際を行う際にいちばんもめるところ、要するにいちばんトラブルになりやすいところといえば、やはりお金の話が中心になります。
タイトルとURLをコピーしました